体験談

日本語教師 インターンシップ体験

久保山三香代さん

2011年11月30日

3度目の日本語教師インターンシッププログラム参加、今回は3週間の滞在です。
先日、Dewa先生の「日本語教室」に行ってきました。
ここはデンパサールから車で30分程のチュルックというところにあります。
土曜日学校が終わってからなので、日本の「塾」のような感じでした。
 

生徒は、
アグスくん、グスティくん、アンドレくん、エカくん、ドゥイくんの5人。
全員中学生でした。
最初に明るく「こんにちは!」とあいさつしてくれたのが印象的でした

まず最初に自己紹介です。
私がした後にみんなにもしてもらいました。
あいさつの仕方はもう学習しているようで、
ハキハキと自己紹介してくれました。
次にできる範囲の日本語で、私に質問するようにお願いしました。
最初は恥ずかしがっていましたが、
「間違えても大丈夫」
「わからないところはインドネシア語でもいいですよ」と
緊張を和らげながら和気あいあいと話をしました。
私からも質問し、できるだけ日本語で答えてもらいました。
(もちろん、Dewa先生に助けてもらいながら…)
この会話でみんなリラックスしてくれたようでした。 

 

今回は「ここ/こちら」「そこ/そちら」「あそこ/あちら」の勉強です。
すでに「これ・それ・あれ」は学習済でしたので、
すんなりと理解できたようでした。
Dewa先生がインドネシア語で文法を説明し、
以前に学習した「場所」の名詞と組み合わせ、例文を作らせました。
(Ex:あれは病院です) 
ひととおり説明した後、私が日本語で文を言い、
生徒にインドネシア語で意味を言ってもらいました。
疑問文も同様に行い、今度は私が日本語で
「ここは○○ですか」「あちらは何ですか」などと質問し、
日本語で答えてもらいました。
「病院」と「美容院」の発音に苦労していたようでした。

最後に「ら行」のひらがな書きです。
私がひとつずつ白板に書き、書き順を説明し、
空中で「1,2,3」と書き順どおりに練習しました。
その後ノートに書いてもらい、私はそれをチェックしました。
最後に1人ずつ白板に書いてもらい、その日の授業は終了しました。
 

私はもちろんのこと、生徒たちも楽しく学習できたようでした。
とても意欲的に取り組んでいた生徒たちに、元気をもらった1時間30分でした。

 


 


また別の日には、孤児院の子供たちの日本語教室に行きました。
「エデュケーションセンター」と看板がある建物の2階に
この教室があります。

この日の生徒は5人。みんな小学生でした。
私が到着するやいなや日本語でいろいろな質問をしてきました。
みんな学習した日本語を
使いたくてしょうがないといった感じでした。
この日は前に行ったテストを返却したので、
その答え合わせをしました。
私は主に単語の発音チェックをしました。
みんなとても元気で声も大きく、
日本語を勉強するのが楽しいようでした。
文法の説明や私の発音を真剣に聞いている
生徒たちに感心させられました。
わかりやすく、そして楽しい授業を心がけていますが、
生徒たちのやる気にいつも助けられています。




このような学校の他に、中学校・高校・短大などに行くときもあります。
また、SIKIで教えることもあります。
こちらで経験したことを日本でも生かしていきたいと思います。


日本で今、私はボランティアで日本語を教えています。
日本で教えるのとはかなり違いがありますが、みんな熱心に学習しているのでとてもやりがいがあります。

その他のお客様の声を見る

体験談 須藤 知佳さん

須藤 知佳さん

2016年06月09日

保育園ボランティア体験

インタビュー 小渡 百合香さん 20歳

小渡 百合香さん 20歳

2016年01月01日

バリの伝統的家庭にホームステイ

体験談 ユミさん

ユミさん

2012年07月13日

満月のスンバヤン(お祈り)

icon お問い合わせはこちら
Click