• japan
  • english
  • indonesia

激ウマ家庭料理

広瀬可奈子さん

2011年11月30日
私は、2ヶ月間インドネシア語講座をSIKIにて受講しました。

もともとバリ料理が好きなこともあり、
日本へ帰っても自分で作ることができたらと思い、今回バリ料理教室へ参加しました。




 
SIKIでのホームステイ先にもなっている
デワさんのお宅での料理教室でした。 

先生はデワさんのいとこにあたる方でアユさん。

メニューはアヤムカリー(チキンカレー)と
ルンプルアヤム?(バナナの葉で包んだもち米のお菓子)でした。


 

アヤムカリーはニンニクや唐辛子など、10種類以上の材料をスライスし、
フードプロセッサーなどは使わずに、チョベック?という石臼で
すり潰してペースト状にするところから始まりました。
初めての体験で、ただすり潰すという作業ですが思ったよりも難しく、
先生が手伝ってくれましたが、その手さばきに驚きました。

バリの人は何でも器用にやるなと思っていましたが、
改めてそれを感じました。

その後はココナッツをすりがねで摩り下ろし、
ココナッツミルクを作るなど、

食材を一から調理するという普段ではなかなかできない行程を
全て教わることができました。

 
~全ての食材の下準備が整うと、次は煮込みの作業へ。~

カレーだし、時間がかかるのかな。とか、
煮込む順番があるのかなぁ。と思っていると、
全ての食材をフライパンに入れ、後は火にかけるだけ。
鶏肉が煮えてきたら調味料を入れて少し煮込んで出来上がり。

思っていたよりも簡単に出来上がり、
あっけにとられていると先生が味見してみる?と言ったので、

スープをなめると、おいしい…!!! 
びっくりしました。

下準備には時間がかかりましたが、
思っていたよりも簡単に出来上がり、これなら1人でも作れそう!
という変な自信がつきました。



しかし今思うと、
あの時先生が教えてくれた調味料を入れるタイミングや
煮込み加減、すべてに長年の料理経験が生かされていると思います

そして、下準備の大変さを知ることができ、
普段何気なく食べている料理が
とても手の込んだ物だということがわかり、
バリ料理の奥深さを知ることができました。

また、調理器具や台所など、現地のお宅での日常の料理風景に触れ、
とても貴重な経験ができたと思います。

出来上がった料理はその場で少しだけ食べ、
残りは持ち帰り、友人と一緒に食べましたが、
みんなから「おいしい!」言われ、
中には「今まで食べたアヤムカリーの中で1番おいしい!」と
言ってくれた友人もいました。



   
レストランやワルンではなかなか食べることのできない味が
家庭料理を教わることで自分でも作れるようになるという経験を、
ぜひ、みなさんやってみてください。

ユミさん

夕方いったん家へ帰ってシャワーで身を清めた。 今日のクバヤは、お気に入りの赤。 今夜は月に2回あるスンバヤン(お祈り)の日だ。 SIKIのスタッフと、お供え物を積んだ車に乗り込んでやって来たのは、 ヒンズー教寺院の「タナ、キラッ」。 このお寺に、毎月新月と満月の日に、お祈りしにやって来る。 寺院に着く...

永井 幸子さん

初めてバリ島に来たのは、2006年5月。 サーフィンを目的とした旅行でした。 その旅行はサーフィンを満足しただけでは終わりませんでした。 色々な面から、いつの頃からか抱いていた 「日本以外の国で生活してみたい!」 と言う私の夢が実現できるかも?!と思わせ...

島田 由希さん

1.普段のスケジュール SIKIへ来た当初、まずは毎日(月~金)インドネシア語講座を1.5時間受けます。 1年間のインターシッププログラムだと20回分ついてくるので大体1ヵ月半くらい。 その間も個人の希望に合わせて、高校や大学、語学学校等の日本語授業にアシスタントとして参加できますが、 私の場合、まずはインドネシア語を覚えることで精一杯だったので、この期間はアシスタントはパ...