• japan
  • english
  • indonesia

SIKIが人生の転機になりました!

石田渚さん

2018年05月08日

SIKIが人生の転機になりました。自分の海外転出に向けてのエンジンをかけてくれて、本当にSIKIの受講がなかったら、今の職場への転職もなかったです。


 

バリ島のスパスクールに通っている石田さん、SIKIを何度も利用していただいている理由を詳しくお伺いしました。

 

・自己紹介
・SIKIを何度も利用している理由

・「とことんコース」の大変なところ

・バリ島の生活で困ったこと

・検討している方へのメッセージ
 

 


―自己紹介をお願いします。

石田渚と申します。ハイアットスパIZUMIのセラピストです。

自分の手でお客さんを癒したい、日本だけではなく世界中の人たちも癒したいと海外を旅しています。

 

今回はバリへ来る直前にパラオへも行って来ました。

仕事ができないか調査したり、自分のフィーリングが合う場所がどこかにないかと、

いくつかの国へ行ってみましたが、やっぱりバリ島がイイというのがわかりました。

フィーリングも合うし、どうにかしてバリに住みたいと思っています。


 


―SIKIを何度も利用している理由は何ですか?

初めてスパスクール留学でバリに来た時、お世話になっていたエージェントさんに、

ヨガと語学を学ぶプログラムはないか相談したところ、紹介された語学学校がSIKIでした。

 

当時は、滞在中3日間だけの利用でしたが、SIKIの雰囲気がいいなと感じまして。

 

海外でセラピストとして活躍するなら英語が必須ですよね。だから、バリへ来るたびにSIKIのリピーターになっています。

 

「とことんコース」受講をキッカケに、今の外国人のお客様が多い職場に転職したんですよ。

 

でも、本当に、とことんコースは最後の2講座が大変ですね〜!

マンツーマンレッスンなので、頭フル回転で授業を受けています。

パンクしそうなところを必死に頑張っています(笑)


 

―とことんコースの大変さとはどんな所ですか?

あの90分間、日本語が使えない環境は、極限に追い込まれるので、やらなければ!っていう気持ちになります。

 

日本で詰め込んで勉強しようと思ってもこんな時間は取れないですよね。

前回のとことんコースの受講終了後にすごくエンジンがかかって、

外国人の来客が多い職場に転職し、日本でも英会話スクールに通うようになったんです。

 

自分が変わらなきゃと思って行動し始めて、今の自分があるすべてのきっかけはSIKIと言っても過言ではないくらい。

 

SIKIが人生の転機になりました。自分の海外転出に向けてのエンジンをかけてくれて、

本当にSIKIの受講がなかったら、今の職場への転職もなかったです。


帰国したら、すぐに、来年のバリ計画を立て始めたいと思っています。

それを目標に、来年はこれをやりたいとかあれをやりたいとかイメージして。

 

今回の受講でSIKIにもスパプログラムがあること知りまして、来年はそれに参加したいなと。

あとは、どのくらい滞在して学ぼうかとか。いろいろ考えを巡らせて、それに向けて1年頑張ろうと思います!


 


―勉強以外で、バリ島の生活で困ったことはありますか?
 

サイトで予約したホテルが予約されてなかったことがありましたね。

あとは、移動が大変ですね。バイクに乗れないと全部送迎に頼らなきゃいけないので…。

 

繁華街は問題ないですけど、こんなに頻回にバリ島に来ているんだから、そろそろバイク乗れるようにしたいなと。

限られた地域だけではなく、自分でいろんな場所を知っていきたいですから。

 

あとは、衛生面がねぇ…。もう、ここにいるんだからしょうがない!って思うしかないんですけどねぇ。

見て見ぬふりして、過ごしています(笑)


 


―最後に、SIKIを検討している方にメッセージをお願いします。
 

私はフィーリングで来ちゃった派ですけどね。

是非、バリ島に来て、SIKIに来て学んでほしいと思います。

SIKIの先生たちと触れることで、ぜんぜん違う自分に変わったように感じると思いますよ!


 

―本日は貴重なお話をありがとうございました。

 

川村道久さんと和江さん

大阪からバリ島に移住された川村道久さんと和江さん(仮名・60代)ご夫婦に、移住にいたる経緯やインドネシア語を学んだ感想を詳しくお聞きしました。 川村道久さんと和江さん(仮名・60代)さんのご紹介 -道久さんと和江さんについて教えて下さい 道久さん:マグロ漁船の乗り組み員を40年しておりました。 オーストラリアと南アフリカの洋上でマグロを捕る仕事です。 ほとんどが海上での生活、...

徳永 裕さん

東京でメディア会社に勤務していた徳永さん。海外で仕事をする夢を実現するため、サラリーマンを辞めて単身バリ島にやってきました。 起業するにあたり、必要な語学スキルを身につけたこと、SIKIをきっかけに人とのご縁が開けたお話など詳しく聞きました。 徳永 裕(28歳)さんのご紹介 -単身起業しようとバリに乗り込んだ徳永さんに興味深々です。 なぜバリを選ばれたのですか? 20代のうち...

中元裕美さん

大好きなバリでの滞在をより楽しく快適にするためにインドネシア語をマスターすべく、バリに来られるたびにインドネシア語講座を受講されている裕美さんに聞きました。 どうしてSIKI BALI のプログラムをお選びただきましたか 今回で短期・中長期あわせて5回目?になりますかね? ちょうど2年前(2014.11月)、サポート付きのプログラムで3週間の滞在。 その後は次にちょうどいい部屋がないか...