• japan
  • english
  • indonesia

語学講座に参加してみて

渡部 容子さん

2013年11月30日

私は、家族旅行でバリ島に来た時、
「ここに長期滞在してみたい!!」と思い、
自分なりに夢を描いて準備をすすめていました。
しかし、海外旅行はしたことあれど、暮らすとなれば話は別。
電車もなければ、バスも皆無に等しいバリ島。
もちろん、気候や生活習慣なども、日本とは勝手が違います。
家も、「借りたのはいいけれど、帰ったら全て盗まれていた!!」
なんて話も耳にしました。
そんな時にSIKIを知り、コンタクトを取ってみたところ、
今までコンタクトを取った会社の中で一番親身になってくれたし、
お値段もホームページのまま。
バイクや家を借りることも、一番心配なビザのことも、
全部SIKIで受け持ってくれ安心かつラクチン。
また、私はバリ島でSPAスクールにも行ってみたかったので、
その旨を伝えたところ、私に合いそうなスクールを何件かピックアップして、
下見にも連れていってくださいました。
おかげで、何の問題もなく、順調にバリ島での生活を送っています。




語学講座とスパスクールを
受講!

英語講座の風景

 

私は、SIKIには、SPAスクールで困らないように、
語学レッスンだけお願いしていました。
なので、日本語教師のインターンシップの参加者とは、
あまり接点がないと思っていましたが、
教室長の千夏先生がお祭りに声をかけてくださったり、
バリ人の家に訪問する機会を作ってくださったり、
時にはププタン広場で、バドミントンをしたり・・・。
スタッフの方や、様々なプログラムに参加している
日本人と話すことができ、世界が広がりました。
それに、年齢は様々ですが、みなさんよい人ばかりで、
楽しく過ごせます。

語学レッスンは、インドネシア語と英語を選びました。
インドネシア語の先生は、日本語が話せる先生ばかりで、
特に私が習った先生は、数年間日本に住んだことのある先生だったので、
しっかりと日本人とインドネシア人の考え、感覚の違いをおさえていたので、
レッスン中に行き違いが生じることは全くありませんでした。


スパスクールで使いそうな言葉
を積極的に勉強しました


そして、プライベートレッスンなので、それぞれの目標にあわせて
進めることができます。とにかくペラペラになりたい人、
語学を通してバリやインドネシアの文化を垣間見たい人など様々なので、
「上手にならないと気おくれしちゃう・・・。」ということもありません。

私は長期滞在をするので、病院に行った時、タイヤがパンクした時など、
何かのトラブルの時に、それなりの言葉が出せるようにしてもらいました。
あとは、とにかく勉強が苦手なので、(学生時代は赤点ばかりだったし・・・)
レッスンを3ヶ月の予定で組んでもらい、
ゆっくりゆっくり進んでもらうように頼みました。
 

授業中は、もちろん先生も私も真剣ですが、お互いに慣れてくると、今インドネシアで流行していること、宗教のこと、
生活する上で便利なことを教えてもらえたりして、楽しくできました。インドネシア語も英語も奥が深く、
まだまだ自由に操ることはできませんが、今の生活で困ることは少なくなったので、目標達成と思っています。
(ついつい、住んでると目標値をあげたくなるのですが、焦りは禁物なので・・・。)
まわりの方達は、1ヵ月で形になり、3ヶ月もたつとペラペラです。 

英語のレッスンのほうは、私の先生は日本語があまりわかりませんが、ポイントとなるところは、
事前に日本語でなんと言うのか調べていてくれるし、レッスンもわかりやすい英語、インドネシア語を使って
進めてくださるので、何の問題もなく、自分にあったレッスンを受けることができます。
私はとにかく発音を直してほしかったので、ひたすら先生のマネをしています。
もし、グループレッスンだったら恥ずかしいけれど、個人なので遠慮なくできます。

私は、日本で人にモノを教える仕事をしていたので、
分野は違えど久しぶりに生徒になってみて
改めてわかったこともあったし、
教え方や仕事に対しての姿勢など、
先生達から見習うことが多々ありました。
スタッフの方にお願いすると日本語のレッスンも見学できて、
また違った角度からバリについて見ることができます。


3ヶ月で終了予定のところ、
ダラダラ通ってしまい、結局半年くらいかかってしまい
みなさんに多大なご迷惑をおかけしました。・・・が、
プライベートレッスンが性に合っていたのか、
きっちり基礎ができたと思うし、
先生も、褒めて伸ばす方法で自身を持たせてくれたので、
安心して一人立ち(?)できそうです。


バリが好きな人には、
インドネシア語はとても興味があると思います。
日本にもテキストが色々と売られているので、
自分でしようと思えばできるかもしれないけど、
バリに住んでいる先生に地元ならではの
言い回しなどを習うことで、より魅力的な
バリ島滞在ができ、その後も、より気軽に来れる
場所になるのではないでしょうか。


そして、目標の高さはそれぞれですが、
習ってみて、言葉は自分の財産になるものだということを
改めて実感しました。

スパスクールで
伝統的な技術を習得
英語、インドネシア語を駆使して
がんばりました

無事スパスクールを卒業

自分の夢を手助けしてくださったSIKIのみなさんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
もし、バリ島に長期滞在を考えている方がいらしたら、SIKIを検討する価値は充分にあると思います。
何か大きな一歩を踏み出させてくれることでしょう。
 

SIKIでできた友人とウブドのお葬式を見に行きました

須藤 知佳さん

私は日本で保育士をしていましたが、海外の幼稚園で働くことにずっと興味がありました。今回、バリ島サヌールに1ヵ月半ほど滞在する機会があり、その間にボランティア体験ができるインターナショナル園がないかと探していると、SIKIに出会いました。   初めてルマクチルを訪問した日のこと… 南国感たっぷりの木々や手づくりのブランコのある園庭、カラフルで可愛らしいジョグロの園...

佐藤由季さん

初めてのバリ旅行ですっかり虜になり、休みが取れるたびにバリ通い。 4回目の今回はホテルやロスメンではなく、できればバリ人の家にホームステイをしてみたいなと、ネットで探していたところSIKIのサイトにたどりつきました。 バリリピーターになってから独学でインドネシア語は勉強していたけれど、やはりホームステイとなると言葉が不安。 このプログラムは語学講座もついているし、現地に日本人スタ...

久保山三香代さん

3度目の日本語教師インターンシッププログラム参加、今回は3週間の滞在です。 先日、Dewa先生の「日本語教室」に行ってきました。 ここはデンパサールから車で30分程のチュルックというところにあります。 土曜日学校が終わってからなので、日本の「塾」のような感じでした。   ...