• japan
  • english
  • indonesia

正直もっと早くくれば良かったなと思いました。

神原れなさん

2017年10月26日

ただバリが好きで、バリに住んでみたかったというレナさんに、8年勤めた会社を辞めてバリに留学するに至った経緯を詳しくお聞きしました。

ーレナさんについて教えて下さい。

<ごあいさつ>
はじめまして、埼玉県から来ました、神原レナと申します。
4年前に初めてバリへ来て、なんでか分からないけどバリが好きで、それ以来ずっと住んでみたいと想っていました。

この春、高校卒業してから8年間勤めてきた会社を辞めて、思いきってバリへやって来ました。

今インドネシア語を学び始めて2ヶ月目です。
初めての海外一人暮らしに,最初はちょっと寂しかったけど、今は友達も出来て、毎日バリの生活を楽しんでします!

ーバリに来るまではどんな生活をされていたんですか?

私の仕事は、時計のICチップを検査する仕事で、
窓のない部屋で、目だけしか出ていない服を着て、クリーンルームの中で黙々と働いていました。
8年間ずーっと、会社と家との往復で至って平凡な暮らしをしていました。

ー長くお勤めしたお仕事を辞めるのは勇気がいりませんでしたか?
はい、とても勇気がいりました。
バリに行きたいって思ってからも、すぐに行くことを決断できなかったのは、
仕事のことも、お金の問題もあるし、
それに・・、私はすぐ“影響”を受けるタイプなので、本当にバリへ行きたいのか冷静に考えようって。
突発的な気持ちで決めるんじゃなくて。
母にも「お前は影響されやすい」と言われていたこともあります。

25歳になるまでに「やっぱりバリへ行きたい」と想っていたらバリへ行こうと決めていました。
その間、2回バリ旅行に来ているんですが、来る度にやっぱり好きだな!と確認していました。

最終的に決断したのは、仕事を辞めて日本に帰って再就職するなら30歳前の方がいい、行くなら今しかないと思ったからです。

この慣れた状況からまた新しい所に行くのは不安もありました。
仕事がイヤだったワケでもないし、でも、自分の意思で好きで入社したというよりは、一番最初の就職だったからというのがあります。

会社を辞めてバリに行くと決めた時、思いの外、応援してくれる人が多くて、
会社の上司も、自分も若い時に留学したかったという思いがあった人で、
すごく理解してくれました。

父はいつも私が決めたことに口を出す人じゃないので、「やりたいならやればいい」と言うのですが、母は心配していましたね・・。
私も相談せずに自分でなんでも決めちゃう方なんで。

ーSIKIはいつ、どうやって知りましたか?

SIKIは4年前にすでに見つけていていました。
旅行で出来た時にバリ人とインドネシア語で話せたら楽しいだろうなと思っていたので。

その当時、バリの学校はSIKIしかなかったので、行くならここにしようと思っていました。

とりあえず、半年はバリに住んでみたかったので、6ヶ月間のインドネシア語のんびりコースを受講しました。毎日午前中に一講座勉強しています。

カフェでレッスン中のレナさん

旅行で来ていた時よりは現地の人の言っていることが分かるようになりました。
メニューを見てもこれは何かがわかるようになってるので、嬉しいです。

ーバリの生活で不便なことや困ったことはないですか?

特に困ったことはないですね。
日用品の買い物は近所のスーパーへ歩いて行けますし、
出かけたい時は、Gojek(バイクタクシー)をアプリで呼んで連れて行ってもらったり、GlubTaxi(グラブタクシー)やUber(ウーバー)などの格安オンラインタクシーもあるので、値段を比較してみんなで乗り合わせて行ったりします。

ーアプリが使いこなせたら全然大丈夫ですね!

快適ですね~
日本と違うところがあっても、あまり細かいことを気にしない、「バリだし」と思って過ごします。

ーバリに住むにはそれくらいおおらかな方がいいですね。思いきってバリに来てよかったですね

よかったです!

ーレナさんが、バリに来てよかった点を3つ教えて下さい

のんびりした時間を過ごせること、星がすごくきれいなこと、
それから・・、
日本だったら全然話さなかっただろうなというタイプの人たちとも友達になれて、
人との出会いがあったことですね。


私は26歳でバリに来て、正直もっと早くくれば良かったなと思いました。
いろんな人からの刺激を若い時に受けて、いろんなことにもっと早く気づけたのかと思うとおしくなります。
4年前に自分の気持ちを抑えたので。
だから、同年代の子でバリに来たいんだったら、もう、すぐに来たらいいと。

ーちょっと年配の方だったら?

来たいんだったら、来た方がいい!
いつもなんとかなるさって思うんです。
仕事を辞めてバリに来たのは、すごいことというより、ただやりたいことをやっただけなんです。

ー最後に、SIKIを検討されている方に一言お願いします。

私はインドネシア語を習いに来たというよりは、ただバリに住んでみたいというのが先で、SIKIのプログラムを利用させていただきました。

住む場所も必要だし、言葉も出来ないとって。
SIKIで良かったです。授業も楽しいし、授業が終わった後の友達との交流もあるし、楽しい生活が待っていますよ!

ー本日は貴重なお話をありがとうございました!

徳永 裕さん

東京でメディア会社に勤務していた徳永さん。海外で仕事をする夢を実現するため、サラリーマンを辞めて単身バリ島にやってきました。 起業するにあたり、必要な語学スキルを身につけたこと、SIKIをきっかけに人とのご縁が開けたお話など詳しく聞きました。 徳永 裕(28歳)さんのご紹介 -単身起業しようとバリに乗り込んだ徳永さんに興味深々です。 なぜバリを選ばれたのですか? 20代のうち...

中元裕美さん

大好きなバリでの滞在をより楽しく快適にするためにインドネシア語をマスターすべく、バリに来られるたびにインドネシア語講座を受講されている裕美さんに聞きました。 どうしてSIKI BALI のプログラムをお選びただきましたか 今回で短期・中長期あわせて5回目?になりますかね? ちょうど2年前(2014.11月)、サポート付きのプログラムで3週間の滞在。 その後は次にちょうどいい部屋がないか...

久保山 三香代さん

日本語教師プログラムを受講した久保山 三香代さん。その後、海外青年協力隊に参加され、スキルアップを目指しSIKIのプログラムを再受講した経緯など、詳しくお話伺いました。 -三香代さんについて教えて下さい。 こんにちは。千葉県松戸市在住、中学校の事務職員をしています、三香代(43歳)と申します。  高校卒業してからすぐに学校のお勤めを始め、今年で26年目。 3年前に、日本語教師の養成...