• japan
  • english
  • indonesia

2ヶ月のインドネシア語プログラムに参加して

森田さん

2017年06月22日

定年退職後の取得目標言語にインドネシア語を選ばれた森田さんに、2か月のプログラム参加後アンケートに答えていただきました。

1.どうしてSIKIBALIのプログラムを選びましたか?

費用・日本人スタッフがいるので

その他:インターネットの貴社のブログを拝見させて頂き選びました。

それとスタッフさんの対応の早さも理由のひとつです。

2.授業の感想をお聞かせください。

非常に良かったと満足しています。

講師の先生に分かりやすく説明して頂き、インドネシア語の初級部分は理解できるようになったと思っています。

3.どうしてインドネシア語を受講しましたか?

単純な理由です。定年退職後でもなんとか受講効果が期待できる言語のひとつだと聞いていましたので選びました。

4.滞在先はいかがでしたか?

施設、サービス共に十分に満足しています。部屋の位置も若干日照は良くありませんでしたが、静かで落ち着いて過ごすことができました。(勉強のための環境としてはベストでした)

5.滞在中楽しかったこと、困ったことはどんな事ですか?

特に楽しかったということはありませんでしたが、皆さん協力的にサポートして頂き快適に過ごすことができました。勉強するという目的には十分満足できる環境でした。

若干個人的にちょっと困ったのは「部屋の照明不足」だけでした。

7.その他、ご感想などありましたらご自由にお書きください。

私の場合、年齢的なハンデがありますのでバリ再来は難しいかと思いますが、インターネットなどを経由してできる限り続けたいと思っています。

今回の私のSIKIBALIでの好印象を伝えていきたいと思っています。

 

帰国後もインドネシア語検定D級合格を目指しスカイプレッスンを継続中の森田さん。

次回お会いした際にはインドネシア語もかなり上達されているのではないかと私達も楽しみにしています。定年退職後の取得目標言語にインドネシア語を選ばれた森田さんに、2か月のプログラムについてアンケートを頂きました。

 

 

杉本 由美子さん

バリにいると、民族衣装を着る機会が何かと多いです。 新月(ティレム)や満月(プルナマ)に寺院へお祈りに出かけたり、 オダランという寺院の祭礼時には、民族衣装は欠かせないものです。 知人の結婚式に招かれる時も正装して訪問するし、お葬式の時もそうです。   ...

匿名さん

SIKIにお世話になった3ヶ月の間に開催された数々のイベントのうち、 きっと観光では体験することができない貴重な1日に参加することができました。 生徒とスタッフ、先生一行が着いたのはとある民家。 着いてまもなく聞こえてきた、子豚の悲しく大きな叫び声。 奥をのぞいてみると、子豚の喉元にナイフを突き刺して、溢れる血を桶に集める男性の姿が。 血の流れる勢いが衰えるにつれて、子豚の声も絶...

島田 由希さん

1.普段のスケジュール SIKIへ来た当初、まずは毎日(月~金)インドネシア語講座を1.5時間受けます。 1年間のインターシッププログラムだと20回分ついてくるので大体1ヵ月半くらい。 その間も個人の希望に合わせて、高校や大学、語学学校等の日本語授業にアシスタントとして参加できますが、 私の場合、まずはインドネシア語を覚えることで精一杯だったので、この期間はアシスタントはパ...