• japan
  • english
  • indonesia

バリ島での滞在を快適にするためにインドネシア語を勉強しています。

中元裕美さん

2016年12月08日

大好きなバリでの滞在をより楽しく快適にするためにインドネシア語をマスターすべく、バリに来られるたびにインドネシア語講座を受講されている裕美さんに聞きました。

どうしてSIKI BALI のプログラムをお選びただきましたか
今回で短期・中長期あわせて5回目?になりますかね?
ちょうど2年前(2014.11月)、サポート付きのプログラムで3週間の滞在。
その後は次にちょうどいい部屋がないか?行った時に情報収集。
次回の滞在先に目星を付けて帰国後、日程を滞在先と調整しつつ確保, 
その上でsikiさんのインドネシア語の個人クラスに参加しています。
 もともとのきっかけは、会社員時代、年に1回の長期休暇(といっても日本では10日間が限界)にはバリを訪れていてその当時(ぶっちゃけ20年以上前?笑)から、いつか本格的な長期滞在を・・・と考えて情報収集だけはしてました。
 バリの情報本や旅行会社が発行してる新聞?で広告を見かけたこともあり、大事に取って帰ってました。
<はい。そーゆー意味ではワタシ筋金入りです(笑)>
 <ブームに乗り・・・というと言葉が悪いかも?ですが、最近出来たところでもなく、グローバル企業でもなく(ごめんなさい)
そう、ワタシ、アンチグローバル二ストなんです(笑)>
バリで地道にschool経営をされているsikiさんだからこそ、そこで働く皆さんを言葉を学ぶことで貢献できるなら、それは
 ワタシにとって嬉しいことだなぁ・・・って。
 んー、ちょっと格好つけすぎたかな? でも本気でそう思ってるんですよ(キッパリ!)

授業の感想
確か、最初にスタッフさんから、なにかリクエストありますか? って聞かれて、その時にお願いしたのは、女性の先生であることと
インドネシア語をきちんと習いたいってことをお伝えしたように記憶しています。
どこの国の言葉でも男性的・女性的なイントネーションや発音があるかな? って思ってのことで、その点、Ibu(先生)は男性的/女性的関係なく、とてもキレイな発音で聞き取り易く、記憶力の低下著しいボケまくりのワタシにも優しく朗らかに丁寧に教えて下さるので、ありがたいですし、毎回授業が楽しみです。
いずれ男性・女性関係なく、より多くの人と話したり聞くことが必要になってくると思いますので、その時はいろんな先生やスタッフさんと会話できるように上達したいですね。

どうしてインドネシア語講座を?
大好きなバリでの滞在をより楽しく快適にするのは自国の言葉かな?と。
日本には「言霊(ことだま)」って言葉がありますが、バリにもあるのかな?
とにかく、言葉ってとても大切だと思っていて、特にその国というよりも土地の言葉?なので本来であればバリ語を習うべきところなんでしょうが、いかんせん、アルファベット表記のインドネシア語でさえままならず、
文字から習わなければならないバリ語は固まりきったワタシの頭には無謀かな?って。

どうしてバリ島のプログラムに参加されましたか?
ひと言でいえば「バリ島だから」
そして年1回の1週間の旅行では満足できなくなったからです。
 なんか・・・よくいろんな人になんで「そんなに好きなの?」って聞かれるんですが、難しいですよね。
だから最近は超笑顔で「バリだから・・・」て応えると、「おぉ、そーかそーか(笑)」ってなって・・・
ワタシにとってとても大切な場所だと思ってることは確かです。

SIKIからの滞在先のサポートはありませんでしたが・・・
自分で手配したのでサポートつ付きの滞在先ではありませんでしたが、観光ビザの延長のサポートをお願いしました。
 3回もイミグレに足を運ばなきゃ、だし、一人じゃ絶対に無理だった。
ワヤンさん、アリさん、その節はどうもありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申しあげます。

滞在中楽しかったこと、困ったことはどんな事ですか? 

まず一人でバリに来ても、SIKIさんに行けば、誰かしらいる!(そこ?!)
いやぁ・・・これ一人で長期で知り合いもいない土地で生活するとなると、結構切実やと思うんです。
一人大好きな~♪ なワタシでさえそう思うんですから・・・。
何度か訪れているうちに知り合いや友達もできましたが、SIKIさんに行くとまた新しい出会いがあったりして
それがとれも刺激にもなるし、楽しいです。
特に今回、インドネシア語クラスに参加されてる方がワタシ以外にもいて、勝手に同士だと思ってました。
あと、今回はありませんでしたが日本語クラスの方と交流できるかも?なのもいいですね。
過去に、「ゆかた祭り」と大学の日本語学科通う女子大生と日本語インタビューとかとても楽しかったです。
あと、バリならでは行事に参加するのも・・・・
今回、とうとうマイクバヤ、用意しましたので次回来た時はよろしくですー

あ・・・困ったことか・・・・
「困ったこと=ネタ」と考える関西人気質のお陰で、あまり困ったなぁって思うことがなくて。。。
でも、ココは外国・バリ島であること、基本的に日本で当たり前のことはバリでは当たり前でないことを認識した上で、困難をクリアしたら「オレ1つステージ上がった?」とか思えたら・・・・・苦労しないですよね。

今後、どのようなプログラムやサポートを希望されますか?
例えば…インドネシア語で料理(お菓子もいいですね)を教えてもらいながら作って、食べて…とか楽しそう…
前にスパの体験しましたが、言葉と行動が伴う方が記憶の定着がはかれるように思いましたので。
あと、自分の興味のあること…ワタシの場合は、インド映画、シャールクカーンなんですが、週末は部屋でインドネシア語字幕で一人インド映画祭りやってました(笑)

その他、ご感想など…
いつも本当にありがとうございます~
 ほとんど書ききった…気がしますが…
 愛想はいい方だし、まあまあ社交的だけど、用心深いワタシがいくら好きだからといって、当初友達も知り合いもいなかったのに一人でもバリで楽しく滞在することができたのも、バリで友達ができたのも最初はSIKIさんからでした。
本当にありがとうございます!
そしてこれからもお世話になります

石垣あづささん

  20年越しの想いを叶えにバリ島へやって来た石垣さんにお話しを伺いました。     目次 ・ごあいさつ ・バリ島の魅力について ・SIKI BALI のプログラムを受講しようと思ったきっかけ ・日本語教師プログラムにも参加 ・日本語教師プログラムで困ったことや苦労した事 ・SIKIは体験談で見た通りの学校か...

浦野亮子さん

孤児院ボランティアをきっかけにSIKIへやってきた浦野さんに詳しくお話を伺いました。   目次 ・自己紹介 ・バリ島を選んだ理由 ・SIKIを選んだ理由 ・孤児院ボランティアプログラム参加した感想 ・滞在中に困ったこと ・SIKIのプログラムを検討している方へのメッセージ     ー自己紹介をお願いいたします。 ...

伊藤弘美さん

どうしてSIKIBALIのプログラムをお選び頂きましたか? バリ島で学びたかったので。 授業時間や料金等、明確で申し込みやすいと思いました。 ホテルからの送迎もついているのがとても助かりました。   授業の感想をお聞かせください。 楽しく学ばせて頂きました。 できるだけインドネシア語を話して頂くようにお願いしたので 聞き取りがとても良くでき...