• japan
  • english
  • indonesia

すぐにこの場所が大好きになってしまいました

須藤 知佳さん

2016年06月09日

私は日本で保育士をしていましたが、海外の幼稚園で働くことにずっと興味がありました。今回、バリ島サヌールに1ヵ月半ほど滞在する機会があり、その間にボランティア体験ができるインターナショナル園がないかと探していると、SIKIに出会いました。

 

初めてルマクチルを訪問した日のこと… 南国感たっぷりの木々や手づくりのブランコのある園庭、カラフルで可愛らしいジョグロの園舎にひとめぼれ。そこで自由に走り回ったり、泥だらけになったりして遊んでいるこどもたちの姿に、私もわくわくする気持ちが沸き上がり、すぐにこの場所が大好きになってしまいました。 朝のおやつに始まり、年齢別クラス活動、給食、自由遊びとお昼寝、3時のおやつ…、一緒に遊んだり排泄や着替えの補助をしたり、一日の生活をこどもたちと共に過ごします。



先生たちは、英語の歌や絵本、プールセッション、お散歩、製作遊びなど、毎日さまざまな活動を取り入れながら、こどもたちの興味を広げていました。 

園舎に迷い込んだバッタやトカゲがいれば、急いで捕まえてこどもたちに見せたりそっと触れさせてみたり、最後は「おうちに帰るよ。バイバーイ!」とみんなで手を振って送り出します。植物へ水やりをして遊んでいる際、水を張ったたらいにこどもが入って水浴びを始めてしまえば、水道のホースからシャワーで応戦し、とことんびしょ濡れになって遊びます。先生たちもこどもたちと一緒に、毎日の小さなハプニングを楽しみながら保育を行っているのが素敵でした。 



こどもたちはとてもフレンドリーで、私の手を引いて遊びに誘ってきたり、英語やインドネシア語で話しかけてきたり… インドネシア語は全くわからない状態でスタートした私でしたが、毎日こどもたちと過ごすうちに、いくつかの単語ややり取りが分かるようになりました。園での保育は英語を中心に進められていますが、こどもたちは先生ともこども同士でも、英語とインドネシア語(日本人の子は日本語も)を使い分けてやり取りしていることがあり、感心してしまいました。 次にバリに来るときは、もう少しインドネシア語を覚えてルマクチルに遊びに行き、みんなを驚かせたいなと思います。

 

 


後藤玲子さん

  バトゥブランにある先生のお宅にバリ絵画を習いに行きました。 バリの普通のお家なのだけれど、 私が今まで見たことのあるお家と少し違い、 生活の中にも芸術がある素敵なお宅でした。 広い敷地内の一角に先生のアトリエがあります。 何点か絵画もかざってあります。 ここで、アートを習いま...

広瀬可奈子さん

私は、2ヶ月間インドネシア語講座をSIKIにて受講しました。 もともとバリ料理が好きなこともあり、 日本へ帰っても自分で作ることができたらと思い、今回バリ料理教室へ参加しました。 ...

匿名さん

1月18日、金曜日、晴れ ●持ち物● パスポート / 日本の免許証 / 滞在先からの滞在証明書 / 取得費(Rp25万ルピア=約2,500円) / 健康診断費(2万5千ルピア=約250円) AM8:00 スタッフのお迎え ...