• japan
  • english
  • indonesia

ルマクチルでボランティア活動を行いました

まゆさん

2015年10月26日

私は1週間ほどルマクチルでボランティア活動を行いました。主な内容としては、子供との触れ合いの中での会話、運動、トイレの援助、先生との話し合い、食事の補助、清掃などです。

ボランティアに行ったときはまだルマクチルができてすぐだったので、園の体制や教え方も確立されていなかったので、とりあえず子供たちにとってお姉さんのような存在になれるよう、積極的に関わっていこうと心がけました。 とは言え、私はインドネシア語はほとんど話せなかったし、もちろん子供たちは日本語がわかりません。

そのため会話でのコミュニケーションはとても難しかったです。言葉が通じないので体を使ったり表情や、動作でコミュニケーションを取るしかあり ませんでしたが、それでも子供たちは作品を見せに来てくれたり、手を引っ張って誘ってくれ、言葉では計れない意思を伝えてくれたように思います。 

たったの1週間の滞在で、なにかができたという感覚もあまりなかったし、子供たちの記憶の中に残れるようなこともしていないので、きっと子供たちはもう忘れていると思います。だけど私にとって、単身でインドネシアに向かい、現地の子と触れ合い、先生たちと一緒に話し合ったことは忘れがたい経験です。今でも子供たちの名前はもちろん、表情までもしっかり覚えています。 


将来、看護師として海外ボランティアに協力することを目標としている私にとってはこのプログラムは自分を目標に近づけてくれるとてもいい機会となりました。お世話になった先生方、千夏さんには本当に感謝しています。いつか看護師になり、経験をつみ自分が成長できたと感じたときにまたルマクチルを訪ねて子供たちに会いたいと思っています。

永井 幸子さん

初めてバリ島に来たのは、2006年5月。 サーフィンを目的とした旅行でした。 その旅行はサーフィンを満足しただけでは終わりませんでした。 色々な面から、いつの頃からか抱いていた 「日本以外の国で生活してみたい!」 と言う私の夢が実現できるかも?!と思わせ...

杉本 由美子さん

バリにいると、民族衣装を着る機会が何かと多いです。 新月(ティレム)や満月(プルナマ)に寺院へお祈りに出かけたり、 オダランという寺院の祭礼時には、民族衣装は欠かせないものです。 知人の結婚式に招かれる時も正装して訪問するし、お葬式の時もそうです。   ...

ユミさん

夕方いったん家へ帰ってシャワーで身を清めた。 今日のクバヤは、お気に入りの赤。 今夜は月に2回あるスンバヤン(お祈り)の日だ。 SIKIのスタッフと、お供え物を積んだ車に乗り込んでやって来たのは、 ヒンズー教寺院の「タナ、キラッ」。 このお寺に、毎月新月と満月の日に、お祈りしにやって来る。 寺院に着く...