• japan
  • english
  • indonesia

サーフィンレッスンを体験!

岡本 文良さん

2014年11月04日

私は今までマリンスポーツをしたことがなかったので今回ビーチリゾートであるバリに来た機会に、ずっとやってみたかったサーフィンに初挑戦することにしました。今回教えてくださるのぞむさんは笑顔がとてもさわやかで、年齢を感じさせない抜群のスタイリッシュな方でした。トレーニングのためにほぼ毎日海に入っているそうです。

早速服を着替えてビーチで波の基礎知識を教えてもらい、次にボードを使っての立ち方の練習です。1,2,3のリズムで立ち上がるのですが、手を突いてから立ち上がるまでのスムーズな動きについていけず。。。これで本当に海の上で立てるのかと心配になりながらも、のぞむさんの"よし、OK!いこう!"という一声でいよいよ海へ。

乾季の海は雨季に比べて冷たいと聞いていましたがさすが南国。全然気になることない気持ちの良い波でした。そしてクタのビーチはどこまでも遠浅で初心者が練習するあたりは胸くらいまでの深さしかないので、ボードから落ちてもおぼれる心配はありません。海に対する不安感がなくなったところで、先生に波が来たタイミングでボードを押してもらい、波に乗ったところで練習通り1,2・・・一瞬にして海のなかへ。のぞむさんのところへ戻ると、立ち上がるときに勢いが足りないと言われ、すぐさま2回目。波にのると、後ろから"立てるよ!!"という声に後押しされ、勢いよく1,2,3!!一瞬でしたが立てました。海の上をスローモーションで移動していく不思議な感覚で、とても風が気持ちいい!!ボードから落ちて振り返るとのぞむさんが笑顔でガッツポーズをしながら"やったね"と声をかけてくれました。

 

あとはひたすら練習。続けて立てるときがあれば、立てずに流されて終わってしまったり、ボードから落ちてしまったりを繰り返していくうちに落ちることへの恐怖感はすっかりなくなっていました。それよりも波に乗れた時の達成感がとても大きく、あっという間に1時間半の体験レッスンが終わってしまいました。

終わってから今日のフィードバックをしてもらい、ちょうどお昼時だったので近くのオシャレなワルンに連れて行ってもらいランチをご一緒させていただきました。そこでは日本でスーツを着て自転車通勤をしていたときの話や、サーフィンを始めたきっかけなど面白い話をいろいろ聞かせてもらいました。

 

今回1対1の個人レッスンだったので常に見ていてもらえたのと、乗れた時の達成間があるうちに繰り返ししっかり練習できたので、十分にサーフィンを楽しみながら体験することが出来ました。練習するビーチもとても広く、周りの人を気にすることなく堂々と練習が出来るし、深くないので泳ぎに自信のない人でも安心して挑戦できるのが良かったです。立てたときの景色も最高でした。
初心者の人こそ、ぜひバリでサーフィンデビューしてみたら良いと思います。

 

島田 由希さん

1.普段のスケジュール SIKIへ来た当初、まずは毎日(月~金)インドネシア語講座を1.5時間受けます。 1年間のインターシッププログラムだと20回分ついてくるので大体1ヵ月半くらい。 その間も個人の希望に合わせて、高校や大学、語学学校等の日本語授業にアシスタントとして参加できますが、 私の場合、まずはインドネシア語を覚えることで精一杯だったので、この期間はアシスタントはパ...

永井 幸子さん

初めてバリ島に来たのは、2006年5月。 サーフィンを目的とした旅行でした。 その旅行はサーフィンを満足しただけでは終わりませんでした。 色々な面から、いつの頃からか抱いていた 「日本以外の国で生活してみたい!」 と言う私の夢が実現できるかも?!と思わせ...

杉本 由美子さん

バリにいると、民族衣装を着る機会が何かと多いです。 新月(ティレム)や満月(プルナマ)に寺院へお祈りに出かけたり、 オダランという寺院の祭礼時には、民族衣装は欠かせないものです。 知人の結婚式に招かれる時も正装して訪問するし、お葬式の時もそうです。   ...