• japan
  • english
  • indonesia

バイクの免許を取得する

匿名さん

2011年11月30日
1月18日、金曜日、晴れ

●持ち物●

パスポート / 日本の免許証 / 滞在先からの滞在証明書 /
取得費(Rp25万ルピア=約2,500円) / 健康診断費(2万5千ルピア=約250円)


AM8:00 スタッフのお迎え
 
AM8:30 ATMに寄ってもらい現金をおろす。
今回は、サヌールに住む友達も一緒に取得。
クロボカンのkantor polisiへ出発 。


AM9:00 約30分でkantor polisiに到着
 
  まずは、1階の受付でパスポートと日本の免許証の
コピーを済ませ、
2階の外国人専用(?!)の待合室へ移動します。
今回は、私たちの他にオージーらしき外人さんが
2人いました。

ココで、必要書類を提出し、
すぐに健康診断をする為に部屋を移動します。
部屋にはお医者さんと思われる人と看護士さん。
血圧と色盲検査をし、2万5千ルピアを支払います。

AM9:40

また先ほどの部屋へ戻り、名前、滞在時の住所等、
何故か身長を記入し、
またまた何故か両親の名前を記入してサインをしたら
書類の完成です。 
そこで25万ルピアを支払い、少々待ち時間です。

初めてインドネシアの免許を申請した人は
ここで簡単な筆記テストをうけることになるようです。 
でもテストも担当官が殆ど答えを教えてくれるので、
形式上の無意味のテスト。

担当の署員が現れ、
次は1階の現地の人がたくさん待つ待合室へ。
コンピューターの調子が悪かったり、
申請者が多いと何時間も待たされることも
あるみたいですが、
今日は案外早く呼ばれて、
英語とインドネシア語を交えて、
書類の確認をしながらパソコンに登録されます。
次は、写真撮影(日本ではありえない笑顔の要求)と、
両手親指の指紋をとり、
再度、名前等の確認をしたら全ての作業の終了!!


AM10:00

 

ビックリするほどの速さで免許証の出来上がり!!

日本のように自動車学校に通って……
という事はないようです

永井 幸子さん

初めてバリ島に来たのは、2006年5月。 サーフィンを目的とした旅行でした。 その旅行はサーフィンを満足しただけでは終わりませんでした。 色々な面から、いつの頃からか抱いていた 「日本以外の国で生活してみたい!」 と言う私の夢が実現できるかも?!と思わせ...

渡部 容子さん

私は、家族旅行でバリ島に来た時、 「ここに長期滞在してみたい!!」と思い、 自分なりに夢を描いて準備をすすめていました。 しかし、海外旅行はしたことあれど、暮らすとなれば話は別。 電車もなければ、バスも皆無に等しいバリ島。 もちろん、気候...

まゆさん

私は1週間ほどルマクチルでボランティア活動を行いました。主な内容としては、子供との触れ合いの中での会話、運動、トイレの援助、先生との話し合い、食事の補助、清掃などです。 ボランティアに行ったときはまだルマクチルができてすぐだったので、園の体制や教え方も確立されていなかったので、とりあえず子供たちにとってお姉さんのような存在になれるよう、積極的に関わっていこうと心がけました。 とは言...