• japan
  • english
  • indonesia

ヨガ体験プログラムに参加して

みほこさん

2011年11月30日
はじめてのヨガをバリで体験しました。ずっと興味はあったんですが、
今までやらずじまい。何となく、とっつきにくかったので・・・。

動きやすい服装に着替えて、いざ!
先生はバリ人ですが、日本語が出来る方で、
体験メニューの内容も判りやすく説明してくれました。

まずは、呼吸法や体をほぐす動きをやって、ヨガのポーズを幾つか、という流れ。
呼吸は鼻から吸って吐く鼻呼吸。
先生の動きを見よう見真似で始めた。体をほぐす動きは、柔軟体操みたいに思えたのですが、
先生の「背中を真っ直ぐに」、「鼻から吸って、吐いて」の言葉を聴きながらやると、
どんどんヨガな気持ちになっていくのが不思議でした。

 


ヨガのポーズに入ってから、最初は「集中して!」が判らなかったし、
自分の体に無理をさせている感じがしました。 

進んでいくうちに、
いつもの自分なら「無理だなぁ」って思うポーズも出来るようになって、
使わないところが、どんどん伸びていく感じが。

出来るようになると、「どうしたらもっとグラグラしないかな?」って
考えて、「あー意識を体に集中させたら出来るんだ!」と、
先生の言葉をちょっと実感出来た瞬間もありました。

ポーズは左右対称の動きが1つになっているんですが、
左右で自分の動きに偏りがあることも感じられて、
日常ではなかなか難しい「自分の体と向き合う時間」
を持てた気がしました。


短い時間だったけど、
先生の説明もすごく判りやすかったし、
とっつきにくいな、と思ってたコトなんか
消えてしまったくらい、
楽しい時間でした。


 

メニューが終わって、体がとても柔らかく、軽く感じられ、
ちょっとだけ中から綺麗になった気もしたり・・・。
また、やってみたいなーと思う内容でした。

あと、野外でというロケーションも
気持ちよさを倍増してくれたと思います

先生によると、
ヨガをやると体と心のバランスがとれていくんだそう。
今後も続けてみようかな?と思わせられる言葉でした。

まゆさん

私は1週間ほどルマクチルでボランティア活動を行いました。主な内容としては、子供との触れ合いの中での会話、運動、トイレの援助、先生との話し合い、食事の補助、清掃などです。 ボランティアに行ったときはまだルマクチルができてすぐだったので、園の体制や教え方も確立されていなかったので、とりあえず子供たちにとってお姉さんのような存在になれるよう、積極的に関わっていこうと心がけました。 とは言...

新藤 えりかさん

私は名古屋のホテルでコックとして働いていましたが、以前からバリ島にとても興味があり、今年の1月に初めてバリへ旅行にいきました。 その時食べたバリ料理の味が忘れられなくて、帰国後も「バリ料理を覚えたい!食べたい!」という思いが日に日に強くなりました。 そんな時、イン...

匿名さん

1月18日、金曜日、晴れ ●持ち物● パスポート / 日本の免許証 / 滞在先からの滞在証明書 / 取得費(Rp25万ルピア=約2,500円) / 健康診断費(2万5千ルピア=約250円) AM8:00 スタッフのお迎え ...