• japan
  • english
  • indonesia

ヨガ体験プログラムに参加して

みほこさん

2011年11月30日
はじめてのヨガをバリで体験しました。ずっと興味はあったんですが、
今までやらずじまい。何となく、とっつきにくかったので・・・。

動きやすい服装に着替えて、いざ!
先生はバリ人ですが、日本語が出来る方で、
体験メニューの内容も判りやすく説明してくれました。

まずは、呼吸法や体をほぐす動きをやって、ヨガのポーズを幾つか、という流れ。
呼吸は鼻から吸って吐く鼻呼吸。
先生の動きを見よう見真似で始めた。体をほぐす動きは、柔軟体操みたいに思えたのですが、
先生の「背中を真っ直ぐに」、「鼻から吸って、吐いて」の言葉を聴きながらやると、
どんどんヨガな気持ちになっていくのが不思議でした。

 


ヨガのポーズに入ってから、最初は「集中して!」が判らなかったし、
自分の体に無理をさせている感じがしました。 

進んでいくうちに、
いつもの自分なら「無理だなぁ」って思うポーズも出来るようになって、
使わないところが、どんどん伸びていく感じが。

出来るようになると、「どうしたらもっとグラグラしないかな?」って
考えて、「あー意識を体に集中させたら出来るんだ!」と、
先生の言葉をちょっと実感出来た瞬間もありました。

ポーズは左右対称の動きが1つになっているんですが、
左右で自分の動きに偏りがあることも感じられて、
日常ではなかなか難しい「自分の体と向き合う時間」
を持てた気がしました。


短い時間だったけど、
先生の説明もすごく判りやすかったし、
とっつきにくいな、と思ってたコトなんか
消えてしまったくらい、
楽しい時間でした。


 

メニューが終わって、体がとても柔らかく、軽く感じられ、
ちょっとだけ中から綺麗になった気もしたり・・・。
また、やってみたいなーと思う内容でした。

あと、野外でというロケーションも
気持ちよさを倍増してくれたと思います

先生によると、
ヨガをやると体と心のバランスがとれていくんだそう。
今後も続けてみようかな?と思わせられる言葉でした。

杉本 由美子さん

バリにいると、民族衣装を着る機会が何かと多いです。 新月(ティレム)や満月(プルナマ)に寺院へお祈りに出かけたり、 オダランという寺院の祭礼時には、民族衣装は欠かせないものです。 知人の結婚式に招かれる時も正装して訪問するし、お葬式の時もそうです。   ...

ユミさん

夕方いったん家へ帰ってシャワーで身を清めた。 今日のクバヤは、お気に入りの赤。 今夜は月に2回あるスンバヤン(お祈り)の日だ。 SIKIのスタッフと、お供え物を積んだ車に乗り込んでやって来たのは、 ヒンズー教寺院の「タナ、キラッ」。 このお寺に、毎月新月と満月の日に、お祈りしにやって来る。 寺院に着く...

岡本 尚子さん

バリ島で体験したいものの一つの(ナイトマーケット)に行きました。 マーケットに着くや否や、どこからともなく旗を持ったフツーのおじさんが手際よく駐車位置を指示してくれました。 想像していた以上の規模の大きさ、屋台の多さにびっくり。 数えきれぬ位のテントの下の屋台の裸電球の光、様々なものの入り混じった匂いと立ち込める煙、原色と原色がごちゃに混じった衣類や日用品が積み上げられ、吊り下げられ...